顧問弁護士とは

弁護士の仕事というと、テレビドラマでよく出てくるような法廷で事件の弁護をしている様子を思い浮かべる人が多いです。
しかし、このような仕事は弁護士の仕事の中のごく一部です。
このようなイメージがあるために、私たちの生活の中で弁護士と関わりを持つことはないと思われがちです。
しかし、弁護士は法律の専門家として私たちの生活で基本的人権を守るために仕事をしてくれています。
日常の中で隣人とのトラブルや親族間の遺産の問題、とった人と人や場合によっては法人とのトラブルで話し合いでは解決できない問題を法律的見地から解決していくのが弁護士の役目です。
そのため、相談を受けて適切なアドバイスを行ったり間に入って法的処理の代行を行ったりということを行ったり、話し合いだけで解決しない時には法廷での話し合いに発展することもあるのです。

最近では、このような相談が来るのを待っているだけではなかなか仕事が安定せず弁護士の収入も不安定な状態になります。
依頼がなければ仕事もなく収入もない状態になりますから定期的な仕事があると望ましいと考えて、独自のサービスを打ち出している法律事務所もあります。
その中の一つが顧問弁護士です。
顧問弁護士となれば顧問契約が結ばれるので固定収入が得られるようになるのです。
顧問弁護士はこのように給与体系も普通の弁護士と異なりますが、仕事の内容も異なります。
そこで、ここでは顧問弁護士の仕事の内容についても紹介をしていきます。